七転八倒五里霧中

思いつくまま,気のままに,行き当たりばったりに,無計画に・・・
<< どうすんの? どうすんの? どうすんの,オレ! どうすんのよ〜 | main | Googlebot >>
UEFA チャンピオンズリーグ・決勝戦 〜感想〜
前半を見終わって3−0でACミランのリード.
試合開始早々にミランのピルロのFKをキャプテン・DFマルディーニがボレー気味にシュートを放ち,先制ゴール.
そのあとミランがチャンスを何度も作るも,オフサイドなどでそれを潰した.
(オフサイドでFWシェフチェンコのゴールが無効になったが,彼はそれに気づかずコーナーフラッグまで走りパフォーマンスをしようとした姿が微妙にかわいかった(笑))

リバプールも惜しい場面を作るが決めきれない.このまま膠着状態がつづくのかと思ったら,前半39分,ミランのMFカカがFWのシェフチェンコに絶妙なスルーパスを通し,シェフチェンコがリバプールDFの間をバックパス気味にFWクレスポにクロスを出し,そのままクレスポがゴール.2−0となる.

前半の内に2−1にしておかないとリバプールは厳しいと思ってたら,前掛かりになって攻めるリバプール.ミランDFラインの少し前でリバプールからボールを奪ったミランがセンターサークルの少し前にいたカカにパスが通る.カカはクレスポに素晴らしいスルーパス.クレスポはリバプールGKドゥデクのかわしてゴール.3−0になった.

これで決まったなと思い,この記事を書き始めたら,後半9,11,15分と立て続けにリバプールがゴールを決め,試合は振り出しに戻る.
どうなってんの,寝ようと思ったのにこれでは徹夜確定ではないか・・・

追記(7:19)
結局90分では決着が付かず,前後半30分の延長戦に入る.
このころから試合序盤からボールを追いかけ回していたリバプールDF陣の運動量が目に見えて落ち,足がつった選手もたくさんいた.しかし,最初の90分で3人の交代枠を使い切ったリバプールはピッチの11人に託すしかなかった.
その反面,ミランはリバプールよりは疲労度が少なく,延長戦後半はほとんどがミランペースで進み,ミランが押し切ってしまうかに見えた.

しかし,それを救ったのはリバプールのGKドゥデクだった.
ミランの選手(誰か忘れた)が絶妙なクロスをあげ,ヘディングを放つがドゥデクが止める.こぼれ球を詰めに来たシェフチェンコがシュートするもこれもドゥデクがクロスバーの上に弾き出し,絶体絶命の危機を脱する.

このまま両チームともゴールを決めることができず,PK戦になる.
PK戦はミランサイドのゴールを使い,ミラン先攻で始まる.
ミランの1人目MFセルジーニョのシュートはクロスバーの遙か上を越える.GKドゥデクの動きが面白い.ゴールライン上を反復横跳びしてた(笑)
リバプールの1人目MFハマンのシュートは,ミランGKジーダに読まれたもののゴールネットを揺らした.
ミランの2人目MFピルロのシュートはGKドゥデクに見事に止められる.やっぱり動きが面白い.てか,シュートを打つ前に前に出るのは反則です.蹴り直しはなかったけど・・・
リバプールの2人目FWシセのシュートはジーダが跳んだ反対方向に勢いよく決まる.
ミランの3人目FWトマソンはドゥデクの動きを見て冷静にゴールを決めた.
リバプールの3人目DFリーセはジーダにセーブされる.これはジーダが駆け引きに勝った形だ.
ミラン,リバプールともに4人目を成功させ,スコアは2−3となる.
ミランの5人目FWシェフチェンコが出てくる.これを成功させないとミランの負けが決まってしまうため,ミランの希望はエースの右足にかかっていた.
しかし,シェフチェンコのシュートはドゥデクに止められてしまい,この瞬間リバプールの優勝が決まった.

久々に痺れる試合を見せてもらった.いや〜,起きてて良かったよ・・・・
| Comet | スポーツ | 05:09 | comments(0) | trackbacks(0) |









http://comet.blog.bai.ne.jp/trackback/3291
    follow me on Twitter
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031 
    << January 2020 >>
    サーチ:
    キーワード:
    Amazon.co.jp のロゴ

    BlogPet

    クリエイティブ・コモンズ・ライセンス by-nc-nd

    このページの先頭へ